有限会社 超音波材料診断研究所

 
ホーム 組織概要 事業内容 お問合せ
ホーム 組織概要 お問合せ
事業内容
事業内容
 
事業内容 高調波で検出できた微細欠陥・密着き裂の例 1-1 非金属介在物
     市販のSUS304 快削鋼内の非金属介在物の高調波像を図2の左に,従来超音波像を右に支援す.3枚1組のセットの左上が平面図,左下が断面図,右上が側面断面図を表す.高調波による断面図では個々の介在物を識別できるが,従来超音波法では結晶粒界散乱波ノイズのため,個々の介在物を識別できない.
 現在は10μm径の介在物を可視化できる.
事業内容 1−2 拡散接合面の偏析
     セラミック・超硬・炭素鋼をNi基フィラーを用いて拡散接合した界面の高調波像を図3に示す.左が接合条件最適化前,右が最適化後の高調波である.最上段が平面図,その下が断面図を示す.最適前にみらえる多数の高輝度斑点が,最適化後に消失熱いは低輝度となる.EDS分析により最適化前には偏析が顕著であったことが確認された.偏析の低下により疲労寿命が改善された.
事業内容

 1−3 部分塑性変形域

 

     中央にφ20のmmの穴を持つSUS304鋼薄板に最大塑性ひずみ約30%w0与えた後,塑性変形による板厚変動を研削により除去し局部共振高調波法により塑性変形域を可視化した(図4).3次あるいは5次高調波振幅を用いて塑性域内のひずみ分布を定性的に評価できる.
事業内容 1−4 塗装皮膜種類,部分接触域,熱疲労き裂
   
事業内容 2 材料特性
   
事業内容 公的研究資金の実績
   
事業内容
事業内容
 
事業内容 高調波で検出できた微細欠陥・密着き裂の例 1-1 非金属介在物 事業内容 1−2 拡散接合面の偏析
 
 市販のSUS304 快削鋼内の非金属介在物の高調波像を図2の左に,従来超音波像を右に支援す.3枚1組のセットの左上が平面図,左下が断面図,右上が側面断面図を表す.高調波による断面図では個々の介在物を識別できるが,従来超音波法では結晶粒界散乱波ノイズのため,個々の介在物を識別できない.
 現在は10μm径の介在物を可視化できる.
 セラミック・超硬・炭素鋼をNi基フィラーを用いて拡散接合した界面の高調波像を図3に示す.左が接合条件最適化前,右が最適化後の高調波である.最上段が平面図,その下が断面図を示す.最適前にみらえる多数の高輝度斑点が,最適化後に消失熱いは低輝度となる.EDS分析により最適化前には偏析が顕著であったことが確認された.偏析の低下により疲労寿命が改善された.
事業内容

 1−3 部分塑性変形域

 

事業内容 1−4 塗装皮膜種類,部分接触域,熱疲労き裂
 
 中央にφ20のmmの穴を持つSUS304鋼薄板に最大塑性ひずみ約30%w0与えた後,塑性変形による板厚変動を研削により除去し局部共振高調波法により塑性変形域を可視化した(図4).3次あるいは5次高調波振幅を用いて塑性域内のひずみ分布を定性的に評価できる.
事業内容 2 材料特性 事業内容 公的研究資金の実績